今治タオルとは

今治タオルは、地域に脈々と育まれてきた確かな技術・経験に裏打ちされた品質と温もりに満ちたタオルです。
温暖な気候と水に恵まれて発展した百二十年の歴史と伝統を受け継ぎながら、日々技術開発に努める中で先進的な商品づくりに挑戦してきました。その今治タオルが、JAPANブランドとして新たな輝きを放つべく、世界を視野に新たな一歩を踏み出しました。
既存の枠組みにとらわれず、地域ブランドのNEW STYLEをめざす imabari towelにご注目ください。

今治タオルについて

今治タオルイメージ

日本一のタオル産地
愛媛県今治(いまばり)

タオルづくりを支える良質な水 美しく豊穣な水資源が今治のタオルづくりを支える今治タオル産地には、高縄山系を源流とする蒼社川の伏流水や霊峰石鎚山より流れ出た地下水など、極めて重金属が少なく硬度成分も低い、晒しや染めに適した良質の水が豊富にあります。

この軟水を用いて晒しを行うことで繊維にやさしい仕上がりとなり、
繊細かつ柔らかな風合いや鮮やかな色が表現できます。
絶えることのない清らかな水を使い、今治タオル産地の染色技術はハイレベルに向上し、
国内最大規模のタオル産地を形成しました。

今治のタオルづくりとその品質を支えているのは、美しく豊富な水資源なのです。

おろしたてでも水分吸収

おろしたてでも
素早く水分を吸収

タオルは購入した後、まずは洗濯をしてから使う。というのが一般常識になっているようです。
しかし、今治タオルはおろしたてで洗わなくても水を吸います。

品質基準のひとつに、タオル片が水中に沈み始めるまでに要する時間(沈降法)が5秒以内というものがあります。この基準に通るものは、使い始めから水を吸うタオルという証にもなっているのです。汗や水分を素早く吸収するので、お風呂上がりに身体を拭いても、汗を拭ってもべとつかず、お肌にも優しいのが特徴です。

やわらかな今治タオル

洗っても長持ちする
やわらかさ

タオルは、洗う度に毛羽が抜け落ちてへたってしまいますが、今治タオルは脱毛に関して厳しい基準を設けていますので、安心して長くお使いいただけます。

また使い勝手のよいタオルをつくるために、綿を厳選し、その優位性を引き出すために手間暇をかけた糸と生布の晒しや染めを徹底しています。色の落ちのしにくいタオルともいえます。

そして織の技術によって綿本来の吸水性のある柔らかさを持続させ、洗濯時に柔軟剤を加えなくても痩せて硬くなりにくいタオルにしています。

今治タオルマーク

安心の
今治タオルブランド認定商品

「今治タオルブランド」とは、タオル及び関連商品の製造・販売において豊富な経験と技術を有する
「四国タオル工業組合」の組合員企業が製造した「今治タオル」(地域団体商標「今治タオル」)商品のうち、本組合が独自に定めた品質基準に合格したタオル商品のみに付す商標のことであり、
「優れた吸水性」を有することを最大の特徴とし、これをすべての消費者に約束するものです。

今治で製造されたタオルが全て「今治タオルブランド 認定商品」となるのではありません、数々の独自の品質基準をクリアした商品だけが「今治タオルブランド 認定商品」を名乗ることができます。

試験項目には、吸水性・脱毛率・パイル保持率・染色堅牢度・引っ張り強さ・ホルムアルデヒド等があります。

お問合せ

お見積り・タオルづくりに関するご相談はお気軽にお問合せください。


東京営業所(秋葉原)では、タオル素材や仕上りサンプルの実物を見ながらのご商談が可能です。ご相談は予約制です。専門のスタッフがお話を聞かせていただく為、必ず事前に問合せメールにて商談ご希望日を複数お知らせください。

東京営業所のご案内

タオル製作のご相談・お見積り・商談のご予約

●タオルのご相談、お見積り、商談のご予約は、事前に問合せフォームより、ご相談内容をお問合せ下さい。担当者からご連絡いたします。

年末年始休業のお知らせと期間中のお問合せについて

2017年12月27日(水)~2018年1月4日(木)は休業させていただきます。

■お問合せ対応について■

休業期間中はお問い合わせ等の対応は出来ません。

期間中にいただきましたお問合せは、2018年1月5日(金)より順次ご返信いたします。

お問合せのメールフォームは24時間受けつけております。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご了承下さいますようお願い申し上げます。